山田記念病院の特徴

山田記念病院の特徴

地域病院の役割を認識しつつ、“地域の皆様に愛される病院づくり”をモットーに職員一同がんばっております。

外科系の救急医療を中心に地域包括ケア病棟を設置し、地域医療の充実に努めております。
大病院にはない、速やかな対応を職員一同心がけており、各科の専門医があなたの病気の治療や予防に努めております。

  • 特徴1 救急指定病院
  • 特徴2 一つの施設で一貫した治療(ケアミックス型)
  • 特徴3 充実したリハビリテーション医療の提供
  • 特徴4 医療機器設備(マルチスライスCT、MRI、電子内視鏡、血圧脈波検査装置、特殊浴槽)
  • 特徴5 労災保険二次健診等給付病院

院長のプロフィール

院長
<氏名>
中村 能史(なかむら よしふみ)
<最終学歴>
昭和40年3月 京都府立医科大学卒業
<専門分野>
消化器外科・一般外科・整形外科
<資格等>
日本外科学会専門医・日本消化器外科学会認定医
日本医師会認定健康スポーツ医・死体解剖資格認定
日本医師会認定産業医等
高気圧酸素治療専門医
<院長よりひとこと>
地域の方々のよきパートナーとして良質の医療をご提供できますよう、日々研鑚を積み、診療しております。
このページのTOPへ戻る
診療について
外来のご案内
入院のご案内
健診・予防接種のご案内
病院のご案内
山田記念病院の特徴
部門のご案内
安心・安全の医療体制
病院へのアクセス
やまだ訪問看護ステーション 看護師について
« 表示推奨ブラウザ/OS »
・ Windows Vista,XP,2000
・ Microsoft Internet Explorer 7.0
・ 文字サイズ 中